ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“葉巻をやろう!” 〜ロッキーパテル ロイヤルロブスト〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、

今回の葉巻はコイツです。

“ロッキーパテル  ロイヤルロブスト”


結構キツくボックスプレスされていてもはや丸ではなく四角形です。

ボックスプレスされていると持ちにくいし吸いにくいので私は嫌いです。




最近マイブームのVカットで頂きます。

ナイフ(BUCKのレンジャー)でカットしてるんですが、ギンギンに砥いでおかないとグズグズの切り口になってしまいます。



《  濃い煙多し  苦いダークチョコレート  わずかに酸味  白粉感強し  中盤から苦いダークチョコレートの苦さが消えて上品に  じわっとスパイス    奥の方に僅かに塩バターの後味が残る  後半酸味が強くなる  》


今までの、アメリカンでカッチリとした喫味のロッキーとは少し違い、どっちかというとキューバ産に寄ったような広がりのあるマッタリとした喫味です。

まぁしかし、マイスタンダードになるような喫味ではありませんねぇ。


ではまた。


“葉巻をやろう!” 〜ミロ ロブストでVカットを試す〜


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

今回はお気に入りのミロのロブストです。

因みに、このナイフはバックのレンジャーです。ワンテンではありません。



葉巻のヘッドに吸い口を作る時の方法ですが、私は今は、ほとんどハサミでのフラットカットです。

葉巻をやり始めた頃はパンチカットというヘッドに丸い穴を開ける方法でした。喫味が濃く感じるのは良かったんですが、その分、辛味も強く感じたり、面積が小さいので入ってくる煙が少なく、つい強吸いしてしまい更に辛味が強くなってしまうのでやめました。


一般的には、吸い口の面積が大きいと喫味はマイルドな方向に、小さいとストロングな方向になると言われています。

経験上、その通りだと思います。

ただ、その葉巻の巻かれ方や葉っぱの種類、熟成などで簡単に喫味は変わります。



今回のミロで、

初めてVカットを試してみました。

Vカットはやり方次第でフラットカットよりも大きい吸い口を作ることが出来ます。

ボディの重い葉巻にはもってこいですが、ミロのようなミディアムボディの葉巻にはどうでしょうか。



ミロはモカコーヒーの喫味が美味い葉巻なんですが、Vカットするとそのコーヒーの喫味がよくわかります。

違う喫味が重なり合っていたのが、はっきりと分かれた感じですか。


しばらくVカットでやってみます。



ではまた。




“カブで行こう!” 〜タイヤ交換〜


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

カブ90に装着していた、ミシュラン シティプロの真ん中の溝が無くなってきたので交換します。

1年9000キロ走りました。

ドライのグリップはカブならなんの問題もありません。

雨天時のグリップは確かに良いと思いますが、グレーチングやマンホールには弱い気がします。

耐久性はこれだけ持てば万々歳でしょう。

ただ、乗り心地が非常に悪かったです。コンパウンドが硬いんですね。

ギャップがモロに伝わってきます。



このシティプロが廃盤で進化型が出てるので今回はコレを履きます。

ミシュラン シティ エクストラ”

プロよりも、雨天時のグリップ、耐久性はあがってるそうです。

趣味だけで走るのなら、フラットダートを走れるアナキーストリートにしたかったんですが、なんせ通勤にも使ってますので、持ちが重要です。



早速テストランしましたが、乗り心地が格段に良くなってます。プロみたいにガンガンカタガタせずにいなしてくれます。指で押すとトレッドコンパウンドがプロに比べてかなり柔らかいですね。

ケースは硬めなので腰砕け感は無くてミシュランお得意の自然でスムーズな旋回を楽しめます。

私はミシュランが好きなんですがそれは、ドライ時の浮砂や、ウェット時のマンホールなんかで一瞬滑ってからのグリップの立ち上がり方がマイルドな所です。いきなりドンッと立ち上がらないんですな。

真ん中に溝が無く直立時の接地面積が増えているからか加速が良くなってます。

コレでプロよりも耐久性が上がってるなんて信じられません。絶対にトレッドが減るのは早いと思います。結構早い段階で台形になりそうな気がします。ミシュランお得意の路面に吸い付くような走りの要因の一つがサイプです。サイプ(点と点を細い線でつないだ溝)は水を吸い出す役目をしますがトレッドが動くので減りは早い。

思うに、

減るのは早いけど溝が深い分、使える部分が多いので長く使えますよ、ということではないでしょうか。

その証拠に、スリップサインがかなり溝の奥にあります。


雨天時では、前回のプロも濡れた路面のグリップは良かったんですが、マンホールやグレーチングはやはり滑りましたし、白線は緊張感がありました。

しかし、まだ新しいのも相まってこのエクストラは滑りません。いや滑りませんたってツッコメば滑るでしょうが、カブのスピード域だと、そんなに気にしなくても普通に曲がれます。



とにかく、プロよりも持ちがいいという言葉を信じて、9000キロ以上走ることに期待します。



因みに。

空気圧のチェックをおろそかにして低圧で走ってると・・・

チューブがこうなります。

空気圧1キロで300キロ(ダート、プチツー込み)ほど走ったら、中でよじれて薄い部分が出来ていました。

もちろん交換です。

空気圧は重要です。めんどくさいですがチェックしましょう。


ではまた。




“葉巻をやろう!” 〜久々にキューバ産〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

久々にキューバ産です。しがないサラリーマンなので、そうそうキューバ産は買えません。他国産と比べるとだいたい3〜5倍くらいの値段と思ってもらえればいいとおもいます。



“ロミオ イ フリエタ    チャーチル

2年ほど前に買ったやつです。高いので、特別な折にやろうと、とっておきにしてたんですが、中々特別な折が来ないので、この前の焚き火の時にやった次第です。

名前のチャーチルは勿論、イギリスの首相だったウインストン・チャーチルから来ています。

今ではこのチャーチルはサイズの呼称になってます。



《 スパイシー   高級なめし革   蒸しパン 》



うーん・・・

ちょっと期待しすぎたか・・・

確かに一つ一つの喫味が上質で美味いんですが・・・

もっとこう、思わず、

「うん、これだね」

と納得する美味さがロミオにはあった気がするんですがねぇ。

期待外れでした。しばらくロミオはやめときましょう。


ではまた。


“葉巻をやろう!” 〜ロッキーパテル〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

今回の葉巻はコイツです。

“ロッキーパテル エッジ カンデラ    トロ”


緑色のカンデララッパーをまとった葉巻です。

こうやって見ると、あぁ、やっぱり葉巻は葉っぱを巻いてるんだなと実感出来ます。

葉巻のイメージとかけ離れた色のカンデララッパーですが、この葉っぱは熟成されてない若い葉っぱなので薄く傷つきやすい為、熟練のトルセドール(巻きの職人)じゃないと巻けません。なのでお高い値段になってます。



《 香り良し   煙り多くて美味い   軽い   ほんのりスパイス   僅かに酸味   きな粉   品の良い酸味   フレッシュ感   蒸しパン   ザラメの甘味 》

   

コイツは喫味がかなり安定してます。

喫味が変わるので飲み物はいつも同じにしてるんですが、自販機で買うので売り切れている時があり、しょうがなく違うのを飲むと、同じ葉巻でも全然喫味が違う時があります。

コイツは飲み物が変わっても喫味に変化がありません。




ではまた。




“カブで行こう!” 〜キャブ調整〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、

ここのところのこの陽気でスローエアスクリューの戻し量が3回転近くになるのでキャブ調整しました。



現在スロージェットは30番。3月上旬に交換しています。まだ寒い時期です。


これを28番に。

2本づつあるのはCL用とカブ用のため。3本あるのはキャブ購入時のデフォルトのモノです。


28番でエアスクリューの戻し量は1回転。まだベストとは言えません。アイドリングが、冷間時は止まりそうなくらい低く、温間時は1速に入れるとかなりショックがあるほど高い・・・

 

ノーマルヘッドにPC20を付けているのでヘッドとインマニの口径が全然合っていないのも原因だと思います。

仕方がないので微調整するしかありませんねぇ。


ではまた。


“CLで行こう!” 〜唯一の不満点〜


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

我が愛しのCL50(改)ですが・・・

別に悪いところもなく調子良く走ってくれています。

が・・・

不満なところが一つ。


私のCLは腰上をキタコの88ccのボアアップキットにごそっと変えています。  

なので私のカブと同じく90ccという括りです。しかしノーマル90のカブに対してCLはヘッドもチューニングヘッドを使っているので、バルブもデカいし圧縮もあがってるし何よりカムが違います。

キャブは2台ともPC20でマフラーも純正(改)、ミッションもカブは4速化してありますし、点火系は2台ともウオタニコイルに金ポッシュと、この辺りの条件はほぼ同じです。

この2台を比べると中低速のトルクが全然違います。圧縮とカムの違いだと思いますが、カブが3速で失速する登りをCLは3速で加速しながら登れます。



しかし。

最高速がほぼ同じなんですよ・・・

メーター読みなので正確さには欠けると思いますが10キロも20キロも違っているわけではありません。

同条件(無風 平地 対向車並走車無 道沿建物無)でだいたい90キロくらい。フルチューン状態のCLに関してはもっと出て欲しいと思うんですよね・・・

まぁ、カムが中低速用なんでしょうが・・・

ココが唯一の不満点です。


因みに燃費は、カブがリッター60〜65キロ、CLが38〜42キロです。

面白いのが、カブはどんな走り方してもこの数字内に収まりますが、CLは街中ばっかだと38切る時がありますし、トコトコとツーリングすると48くらい行く時があります。

ココでもカムの違いが顕著に出ますねぇ。しかし、ノーマルカブのカムってのはほんと凄いですね。


ではまた。


“お外でコーヒーお紅茶&シガー” ~第4回 ヨコガタエンジンクラブ焚き火ツアー その3~

 

 Nさんのカブ。75ccボアアップ  4速化


ーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、

今回もWさんがお肉を持ってきてくれましたので、各々お気に入りの焚き火台で頂きました。

“ダイセリ台” マイブームの火付け役、網焼き好きなWさん。

 

 


Nさんはセリアを何件かハシゴしてやっと見つけたダイセリ台にミニフライパン。



私は先の通り、あえてダイセリ台を避けてバーゴで。

このプチトマト、Wさんが持ってきてくれたんですが、まるで果物の様な甘さでした。もっと甘くなるかと焼いたら逆に甘さが抜けてしまいました・・・


 

 

 

 今回は近場だったので時間を気にせずマッタリ出来ました。コーヒー&お紅茶でマッタリ。


私はもちろん葉巻でマッタリ。



後半、薪の処理でダレました・・・

ダイセリ台は燃費が良いし、私のバーゴも小さいのでなかなか薪が無くならず最後は皆飽きてましたねぇ。

しかし、バーゴの火の世話は久しぶりに楽しかったです♫



ではまた。


“お外でコーヒお紅茶&シガー” 〜第4回ヨコガタエンジンクラブ 焚き火ツアー その2〜

Wさんのハンター。オーストラリアからの逆車でギミック多し  純正改造マフラー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、

この日に使った刃物がこちら。

•ESEE レーザーストライク

•グレンスフォシュブルーク ワイルドライフ

 

Kさんに不要になった木パレを大量にもらったので、現地の木から丸太を切り出して・・・なんて事をしなくなったため、あまり斧の出番はありません。

 

 

 

木パレなので、最初から板状になっており薪作りには斧を使うよりナイフでバトニングした方が断然速いです。

 

 

この、“ESEE ” を私は「エスイー」と呼ぶと聞いたことがあったんですが、「エシー」とも呼ぶそうでどちらが正しいのかわかりません。

私は昔の “RAT(ランドールズ アドベンチャー&トレーニング)カンパニー” の方が親近感が湧きます。

RATカンパニーの時はオンタリオに作ってもらっていたそうですが、ESEEになってから自社生産だそうです。


鋼材は1095の炭素鋼で、刃渡り約12cm、刃厚約4mmのフルタング。スピアポイントはお山で使うにはもってこいです。また、ROWENによる焼き入れは強靭です。

ただアメリカはチップするのを極端に嫌うのでキツいセカンダリーエッジが付いており、お世辞にも鋭いとは言えないため砥ぎなおしてます。

グラインドは高い位置からのコンベックスグラインド。

ハンドルはナチュラルキャンバスマイカルタ。なんとハンドルの中にファイヤスチールと綿の火口が入ってます。

得てして、こういう付属品は実際には使えない、てなものが多いですがコイツは使えました。



斧の出番が無い、と書きましたがせっかくなので無理矢理使いました。

このグレンスは箱出しでも結構鋭い刃が付いてましたが、いかんせん斧なので刃先付近が分厚くて私には使いづらいので、少し薄く砥ぎなおしてます。なのでナイフの様にはいきませんがフェザリングも出来ます。



続きます。



 

 

 

 

“お外でコーヒお紅茶&シガー” 〜第4回 ヨコガタエンジンクラブ焚き火ツアー〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、

ヨコガタエンジンクラブの例の三人で焚き火です。

梅雨に入るとしばらく行けませんし、明けたと思ったら暑くて火を炊くどころではないでしょう。

私は好きなのでソロでも行きますが・・・



近頃、クラブで流行ってますのが、

ダイソーセリア焚き火台、“ダイセリ台” です。

安いわ、高性能だわ、意外と壊れないわ、と大活躍です。



もちろん私も持ってますが、天邪鬼な私はあえてちがうやつを持参しました。コイツです。

“バーゴ チタニウムヘキサゴンウッドストーブ”


もう10年近く使ってますが、底板が熱でひん曲がってる程度で、その他機能的にはなんの問題もありません。

やはりチタンは強い。

超軽くて超コンパクト。


しかし、私が一番気に入っているのは、

部品が全部蝶番で繋がっていてコレ一つで成立するところです。

部品を無くす心配がありません。



さらに、これ一つでストーブ、五徳、風防を兼ねているという素晴らしいコンセプト。



壁の一枚がドアになっているので、上に鍋やフライパンを置いていても、ドアを開けて横から薪をくべることが出来ます。



続きます。













“葉巻をやろう!” 〜クザーノ〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、

今回の葉巻はコイツです。

“クザーノ ドミニカン コネチカット ロブスト”

ドミニカ産。


《 香り良し   煙多し   ピリ辛

うーん・・・

この一本はハズレでした。アメリカが主要マーケットなのでボディは軽くてかっちりした喫味、のはずなんですが・・・

辛みが先行して他の喫味がわかりません。しかも、ジワっとくる辛みではなくピリ辛なのでしばらく口の中に残ります。


過去に何本もやっていて、クザーノは安いけども喫味は結構安定してるし美味いしでかなり良いイメージでしたがこういうのもあるのはしかたありませんね。



ではまた。


“お外でコーヒーお紅茶&シガー” 〜高性能激安焚き火台 ダイソーセリア焚き火台〜


ーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

先日の “お外でコーヒーお紅茶&シガー” で使ったダイソーセリア焚き火台、通称「ダイセリ台」を少し掘り下げてみます。




左側がセリアの炭火起こし。300円。

右側がダイソーのカトラリースタンド。洗ったお箸とかスプーンとかを立てとくヤツです。100円。



セリアの炭火起こしの底板を外して、ダイソーのカトラリースタンドをその中に入れるだけ。

ただこれだと底の穴が小さくて灰が落ちないのと、空気が入りにくくて火の立ち上がりが悪いので、10mmと5mmの穴を追加しました。




これで使ってみましたが、コイツは秀逸ですね。

火の立ち上がりが早いし、炭になっても、いこった状態が長く続くので、再度、火が欲しい時には薪と杉の葉でも入れて本体を振ってやればすぐに火が立ち上がります。火吹き棒で吹いてもいいんですが灰が散るのであまりやりません。




さらに、あまり期待はしてなかったんですが、キチンと二次燃焼します。

コイツは外側の炭火起こしと内側のカトラリースタンドの間に僅かな隙間があって、中で火をおこすと上昇気流に引っ張られてその隙間を新気が上がっていきます。

そして、薪が少ない時は下の方の穴から、多い時は上の方の穴から新気が中に引っ張られて未燃焼ガスと混ざって二次燃焼します。

これは薪が燃えている火ではありません。薪は炭の様に燻っている状態です。燻った薪が出す未燃焼ガスと新気が混ざって火が出ている状態です。



一枚だけわかりやすいのが撮れました。薪から火は出ておらず、穴から火が出てるのが分かると思います。



二次燃焼する焚き火台の一番の利点は一定の時間放っとける、という事です。

この大きさで一時燃焼だけの焚き火台は結構せわしなく手を入れないと直ぐに火が消えてしまいます。火の世話をするのが楽しい時もあるんですが・・・


何にせよ、500円ほどでこの性能はコスパ最高です。



ではまた。



“お外でコーヒーお紅茶&シガー” 〜使ったナイフ〜


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

先の “お外で〜” で使ったナイフがこちら。

• グレンスフォシュブルーク  ワイルドライフ    スウェーデン

• コールドスチール  ボイジャー   アメリカ製

• ヘレ  ユートゥベーラ   ノルウェイ


すでに適当な大きさになっている薪を持って行ったのでグレンスの斧はほぼ使いませんでした。



ヘレでバトニング。

刃厚3mmほどのスカンジグラインドなのでスプリッティングパワーは大きいとは言えず、結構叩かなくてはなりません。



コイツはベベルのジオメトリーは変えてません。スカンジグラインドのままで刃先だけ少しコンベックスにしています。

フェザーは楽々。楽しく作れます。

ただ、少し食い込む感があるのでベベルラインを切り上げてコンベックスに砥ぎ直そうとおもいます。

名高いスウェーデン鋼のサンドヴィック製12C27ステンレスは適度な硬さと粘りがバランスしていて、バトニングでもそうそうチップしたりしませんし刃持ちも良いのに砥ぎやすいので大好きな鋼材です。






こちらがコールドスチール。

このヴォイジャーはフォールディングナイフなんですが、頑丈が売りの一つで、なんとバトニングでガンガンぶっ叩いても壊れません。

普通のフォールディングナイフでバトニングすると、ロック部分が壊れたり、ガタがきたりします。

私の知る限りでは、フォールディングナイフで安心してバトニングできるのはコールドスチールだけです。

鋼材の台湾製CTS-BD1ステンレスは硬いですがチップはしません。昔から台湾は良い鋼材をつくってますね。同じ鋼材でも台湾製は刃持ちが良いです。

このナイフはフルフラットグラインドで刃先が薄くて食い込みぎみなのでフェザリングはやりにくいですね。フェザーの一枚一枚が厚くなって、くるっくるのフェザーが作れません。

難しいですがなんとかコンベックスに砥ぎ直そうと思います。




ではまた。


”お外でコーヒーお紅茶&シガー”  ~数年ぶりの場所~



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、

ソロで行く ”お外で~” も、久しぶりなんですが、この場所はほんと数年ぶりに来ました。

 

新しいバッグとダイソーセリア焚き火台(改)を試します。

コーナンのツールバッグ。だいたい、幅40センチで奥行と高さが15センチ位です。カブの弁当キャリアにもってこいの大きさ。

ただ、幅が30センチを超えるのでヒザを開いて乗る形になり、シフトチェンジとリアブレーキが若干操作しづらくなります。



バカっと開ければ箱になってなんでもかんでも放り込んでおけるので便利です。

ただし、閉めた時の容量は半分になるので開けた状態で一杯に詰めることはできません。

今回入れたのは、

ダイソーセリア焚き火台

•スノピ チタンシングルマグ

•ライター

•薪掴み用ミニトング

•火吹き棒

•斧、ナイフ

•ペーパーウエス

•コーヒー


上手いこと詰めればアルコールバーナーとアルコールは入ると思います。薪を持って行く時は確実に火は起こせますが、現地の木を使う時は湿っていたり、手頃な木が無い場合もありますのでアルコールバーナーは必須です。



次にダイソーセリア焚き火台、ダイセリ台です。

ダイソーの炭火起こしの底を外してセリアの台所用品(洗ったスプーンとかお箸を入れとくやつ?)を入れただけ。

見た感じ、セリアのヤツは底の穴が小さかったので10ミリの穴を追加。


コレがまた性能抜群です。



つづきます。


“カブで行こう!” 〜使える燃料計〜

f:id:j-watson:20220406073420j:plain


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

ご存知の通り、我らのカブには年式によってシート下に燃料計が付いています。

私の1987年式スーパーカブ90デラックスもにも付いてます。

f:id:j-watson:20220407074916j:plain

f:id:j-watson:20220406080115j:plain

風の噂で、この燃料計は信用できないという風に聞いていたので、購入時から全く見ずに上にウエスを置いてました。

ある時期にガス欠を連発することがあって、この燃料計は本当に使えないのか調べることにしました。



f:id:j-watson:20220406080905j:plain

面倒ですが、ひと目盛減ったらどの位ガソリンが入るのか計ってみると、実はかなり正確だという事がわかりました。ひと目盛につきほぼ1リッター入ります。

しかし、てっきり「補給」の赤線のところでプライマリのガスが無くなってリザーブに切り替えなのかと思いきや(燃料計の表示ではそうみえますよねぇ)、そうではなく「補給」の赤線の少し手前でプライマリがガス欠になり、赤線でリザーブのガスもなくなります。


これでガス欠になる針の位置が分かりましたのでこの燃料計が使えると分かりました。

でもやっぱりカスタムみたいにハンドルのスピードメーターの中にあった方が便利でいいですねぇ。

f:id:j-watson:20220407074824j:plain


ではまた。