ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“お外でコーヒーお紅茶&シガー” 〜涼を求めて その二〜

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、

やはりお山は涼しいですね。焚き火の火もあまり気にはなりません。

 

 

今回は着火剤は使わずフェザースティックで着火。

先にも書いたように、チップしないように刃先を丸めに砥いでいるのでナイフを立て気味にせねばならずフェザリングは少しやりづらいですね。

 

 

お湯を沸かしてコーヒーを。

 

 

 

もちろん葉巻も。

“ヴェゲロス タバドス”

キューバ産。1996年にできたかなり新しいブランドです。キューバ産の中でもあまり人気が無く小規模生産で2012年に消滅しましたが、2014年に復活。トリニダッドと同じ工場で生産されていますがやはり生産本数は少なめです。

《  ドローは重め  高級きな粉餅   なめし革   塩バター   僅かに酸味   ジワッとスパイス   ホイップクリーム  》

  私見ですが、モンテクリストの4番とか5番に似ているような気がして、独自の特徴が感じられません。これならモンクリを選んでしまいます。

しかし、やはりキューバ産。全ての喫味が上品。 巻きが良いので灰も綺麗。

他国産はどうしてもホイップクリームの様な、濃厚なきめ細やかさが無く、白団子や、安いきな粉餅のように粉っぽくなります。

また灰も、先が外側に弾けて細かい灰が常に落ちるとか、まだ短いのに落ちたりして吸いにくいのも多いです。

 

 

今回、焚き火台は二次燃焼で手間いらずの “ダイセリ台” を持ってきたんですが、火が消えてもそれから15分くらいならまだ炭としてくすぶっているので、フェザースティックを放り込んで火吹き棒で吹いてやればまた復活します。

 

 

なにせ燃費が良いので触らなくていいんですが、そうなるとヒマです・・・

薪を作るのにオーロラでバトニングしてグレンスの斧頭で短く折ってたんですが、ヒマなのでオーロラでVカットして手で折ってみたり・・・

 

 

ソロの時は一次燃焼のみの焚き火台の方が、火の世話が出来て面白いかもしれません。

今回はナイフを使いたかったので良しとします。

 

 

 

ではまた。