ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“葉巻をやろう!” 〜ララニャガ〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、

以前、葉巻は産地別に保管した方が良い、と聞いたことがあるんですが一緒くたに保管してるとどうなるのかやってみました。

キューバ産の  “ポール・ララニャガ     ペティコロナ”  を1ヶ月ほど、ホンジュラスニカラグア、ドミニカ、フィリピンの各産地の葉巻と一緒に保管してみました。



実入りのいい時にコイツをスタンダードシガーにしてましたので喫味はよく分かっており、違いがあれば分かるはずです。



結果は・・・

変わりません。

高級なダークチョコレート感も、本物のバターを使った塩バター感も健在で、私には何も変わったようには感じませんでした。

1ヶ月くらいじゃ変わらないんですかねぇ。


思うに、感覚なんじゃないかなぁと。

キューバ産葉巻は、よくワインに例えられるように、完全にブランド化されてますから、他の安いヤツと一緒にするな、みたいな・・・

私もキューバ産は別保管してますが、それは単に私のヒュミドールが小さくて、入らないためです。


ではまた。