ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

”カブで行こう!”  ~自動遠心クラッチの中身~

さて、

先日交換しましたカブのクラッチ

交換前は結構な負荷がかかると「ウオーンウオーン」と回転が上下してました。

どれだけ減ったらこういう現象が起きるのか興味がありましたのでバラしてみました。

f:id:j-watson:20210417164428j:plain

 

 

 

f:id:j-watson:20210417164507j:plain

クラッチ交換と言えば今はアッセン交換が主流でバラしてクラッチ版を交換するなんてことはめんどくさくてやってられません。

それ故に減ったクラッチ版を見れる機会が無いのでいい機会です。

 

 

 

f:id:j-watson:20210417164814j:plain

スプリングと自動遠心クラッチの肝であるウエイト。

残念ながら新品はバラしてませんので比較はできません・・・

 

 

f:id:j-watson:20210417165030j:plain

プレートが部分的に焼けているのがわかりますね。

クラッチ版は光の関係で溝がはっきりわかるのであまり減ってないように見えますが、触ってみると減っているのが分かります。

 

 

f:id:j-watson:20210417165451j:plain

一部欠けていたり・・・

 

 

f:id:j-watson:20210417165605j:plain

焼けてます。

 

カブ本体は中古で買いましたので以前いつ交換したのかわかりませんが、カブの自動遠心クラッチは、走り方によっては結構半クラを使いますので、手動クラッチより寿命は短いそうです。

たまに3速固定で走ってるオバチャンを見かけますが、あれだと3000キロもたないそうです。

・・・まあ、考えたらそうだわなぁ。

 

 

 

f:id:j-watson:20210417170528j:plain

この写真は別に何かがぶっ壊れているわけではありません。

カブ特有の、”遠心フィルター” です。

古いカブにはオイルフィルターがありません。

簡単なメッシュフィルターが申し訳程度に付いているだけです。

この黒い塊はオイルの不純物で、カーボンなんかが遠心力で固まったものです。

まあ、よく考えられてますねぇ。

 

 

f:id:j-watson:20210417171308j:plain

自動遠心クラッチの肝。ウエイト。

90かぶは28枚ですが、強化クラッチは32枚入ってます。

コイツは記念にキーホルダに付けときます。

 

 

f:id:j-watson:20210417171215j:plain

 

 

ではまた。