ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

”刃物の話”  ~バークリバー ブラボー1~

さて、

”バークリバー ブラボー1” です。

f:id:j-watson:20210316091350j:plain

鋼材はAー2カーボンスチール、刃渡り約10cm強、刃厚約6mm弱。

高い位置からのコンベックスグラインド。

ハンドルはグリーンキャンバスマイカルタ。

 

 

 

f:id:j-watson:20210316095425j:plain

ハンドルとブレードの境目の峰にランプと呼ばれる三角形の山があって、そこに親指を置いてプッシュカットできるようになってたんですが、位置が悪いので削り落としました。

 

まぁ、有名なブラボー1ですが、以前に米海兵隊リーコンチームの装備になったこともあるそうです。

6mm近い刃厚はアメ車のドアをこじ開けても曲がらないそうですが・・・

 

ファルクニーヴェンやケーバーなんかもそうですが、”軍用” という謳い文句で売り上げが上がるようです。

 

 

あまりにも太いので、刃先近辺がずんぐりしていて切れも鈍いので、セカンダリーベベルを砥ぎ落とすと同時に少し瘦せさせました。

鋼材のAー2カーボンスチールは、刃持ちは良く、欠けにくく、砥ぎやすい、と非常に良くバランスされています。

調子に乗って鋭くしすぎたところに手荒くぶっ叩いたりすると欠けますが、大きく欠けることはありません。

 

お山で欠けたとしても、携帯用の砥石でリカバリーできますので、思う存分使うことが出来て、私は今のところ一番好きな鋼材です。

f:id:j-watson:20210316100442j:plain

久々に使ってみると、少し切れが鈍いような気がしますので、次回の砥ぐ時にもう少しシャープにしましょう。

 

 

ではまた。