ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

”お外でコーヒー&お紅茶”  ~久々にスベア登場~

 

葉巻をやりに行く時はいつもはお手軽ペットボトルコーヒーですが今回はちょいと贅沢にインスタントですがドリップコーヒーを。

お湯を沸かすだけですが久々にコイツを使います。

f:id:j-watson:20191103172546j:plain

f:id:j-watson:20191103172613j:plain

オプティマス スベア123ガソリンストーブ”

100年前から変わらずこの形で作られていて今も新品が買えます。

スウェーデン製。

今時の超簡単便利なガスストーブと違って単純で壊れにくく世界中のアルピニストが使ってます。

 

 

 火を点けるまでの工程がまた楽しいんですが、超便利ガスストーブに慣れた人にはめんどくさいの極致だと思います。

f:id:j-watson:20191103173010j:plain

五徳兼風防を外し・・・

 

 

 

f:id:j-watson:20191103173110j:plain

プレヒートする為にガソリンタンクからスポイトで少し吸い取ります。

 

 

 

f:id:j-watson:20191103173323j:plain

それをこのくぼみに垂らして火を点けます。

 

 

 

f:id:j-watson:20191103173405j:plain

写真では風で火が流れてますが本当はまっすぐ上にあがります。

この熱でタンク内圧を上げ、バーナーや火力調整部分を温めます。

垂らしたガソリンが燃え尽きないうちに火力調整バルブを開けるとバーナーに火が点きます。

 

 

「シュゴー、ゴッゴッゴッゴーッゴッゴ」

と、結構な音がしますが、このガソリンバーナーの音は頼もしいですね。

f:id:j-watson:20191103173616j:plain

五徳兼風防を戻し、お湯を沸かしながらコーヒーをセッティング。

 

 

 

f:id:j-watson:20191103174115j:plain

123のフタを兼ねたクッカーは大きいのでカップ用に作られたこのコーヒードリッパーの手は渡せません。

しょうがないので落ちてる枝を渡してドリップ。

 

インスタントですがこの環境で飲むとそれなりに美味かったです。