ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

LED制動識別票灯

要はLEDのブレーキランプです。

f:id:j-watson:20190416084920j:plain

信頼のマツシマ。

もちろん メイドインジャパン

フィラメント式バルブでは国内No、1でしょう。

この写真の中身は交換して外したやつです。

 

ストップランプやウインカーのLED球は結構昔からありましたが、

どうもあの、残像の無いカチっとした光り方が気に入らなかったんですな・・・

それと、フィラメントバルブはバッテリーが弱っても、”ほわぁっ” と光りますが、LEDは少しでも電流電圧が規格を下回るとうんともすんとも言わなくなるのも気に入らない。

しかし、視認性はバツグンです。

 

 

これが交換前のフィラメントバルブ球。

 

f:id:j-watson:20190418080247j:plain

 

これがLED。

f:id:j-watson:20190418080324j:plain

あまり変わり映えしません。

フィラメント球は全方向に光が飛びますが、LEDは方向性が直線的なので真直ぐ見るとかなり明るくなってます。

LEDのほうが色がオレンジに見え、ナンバーの文字が僅かに飛んで、タイヤのブロックが少しはっきりしています。

 

ブロンコは常時点灯なので前後LED化により、かなり電力消費が少なくなります。

最近のLEDは長持ちするらしいですが、どのくらいもつんですかねぇ。

因みに前のバルブは私が車体を購入してから一度も交換してませんので、少なくとも5年以上持ってます。