ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“CLで行こう!” 〜唯一の不満点〜


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

我が愛しのCL50(改)ですが・・・

別に悪いところもなく調子良く走ってくれています。

が・・・

不満なところが一つ。


私のCLは腰上をキタコの88ccのボアアップキットにごそっと変えています。  

なので私のカブと同じく90ccという括りです。しかしノーマル90のカブに対してCLはヘッドもチューニングヘッドを使っているので、バルブもデカいし圧縮もあがってるし何よりカムが違います。

キャブは2台ともPC20でマフラーも純正(改)、ミッションもカブは4速化してありますし、点火系は2台ともウオタニコイルに金ポッシュと、この辺りの条件はほぼ同じです。

この2台を比べると中低速のトルクが全然違います。圧縮とカムの違いだと思いますが、カブが3速で失速する登りをCLは3速で加速しながら登れます。



しかし。

最高速がほぼ同じなんですよ・・・

メーター読みなので正確さには欠けると思いますが10キロも20キロも違っているわけではありません。

同条件(無風 平地 対向車並走車無 道沿建物無)でだいたい90キロくらい。フルチューン状態のCLに関してはもっと出て欲しいと思うんですよね・・・

まぁ、カムが中低速用なんでしょうが・・・

ココが唯一の不満点です。


因みに燃費は、カブがリッター60〜65キロ、CLが38〜42キロです。

面白いのが、カブはどんな走り方してもこの数字内に収まりますが、CLは街中ばっかだと38切る時がありますし、トコトコとツーリングすると48くらい行く時があります。

ココでもカムの違いが顕著に出ますねぇ。しかし、ノーマルカブのカムってのはほんと凄いですね。


ではまた。