ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“葉巻をやろう!”

f:id:j-watson:20220413073518j:plain


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

手持ちの葉巻が底をついたので15本程購入しました。

お気に入りを複数本買ったので真新しいのは2本だけです。

そのうちの1本がコイツです。

f:id:j-watson:20220418074406j:plain

“ティアモ キューバブレンド ロブスト”

メキシコ産。


メキシコと言えば、サボテンにソンブレロハットにポンチョにマンドリンに葉巻って感じなんですがどうでしょう。

まぁこれは外人に日本と言えば、フジヤマ、ゲイシャ、ちょんまげに着物に刀、という答えが返ってくるのと同じで、今時そんな奴おらんやろ、ってなもんかもしれません。でもメキシコと言えば葉巻のイメージは強いです。

それはさておき、メキシコでは昔から葉巻作りが盛んで、国内向けに作られるものが多くリーズナブルな価格なので一般にも行き渡っています。



f:id:j-watson:20220418075958j:plain

《 煙めちゃ多し   上品な白粉   安めのなめし革   辛味なし   ジワッと強めのスパイス   甘苦い焼菓子   ボディは軽い    中盤から喫味が薄くなる   強吸いダメ  終盤に僅かに白砂糖の甘み   》



キューバブレンドというだけあって確かにキューバ産によくある特徴を模しています。

が、なめし革の喫味はするんですが、キューバ産が高級な革なのに対して安物の革だったり、キューバ産が上品な甘みなのに対して精製白砂糖のような尖った甘みだったりと、特徴は捉えてるんですがレベルが低い。 

f:id:j-watson:20220418081222j:plain

しかし、巻きもしっかりしてますし、不味くもありません。コレが600円台ですから不満はありません。

ただ、なんか笑っちゃうんですよね・・・

まぁ、一本くらい笑える葉巻があってもいいか・・・

f:id:j-watson:20220418081826j:plain


ではまた。