ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

“カブで行こう!” 〜急に暖かくなったので各部見直し〜

f:id:j-watson:20220411074839j:plain


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、

ここんところ急に暖かくなったので我が愛しのカブの各部を見直します。



まずは点火系。“金ポッシュ” の点火タイミングを変えます。

f:id:j-watson:20220411082121j:plain

ずっと5番を使ってましたが、6番にしてみました。

数字が大きくなるほどパワーバンドが高回転側に来ます。一般的にはチューンの度合いが大きくなるほど大きい数字になる傾向ですが、これに関しては好みがありますので、ノーマルだから低い数字が適当ということはありません。

私が思うに、カブのようなロングストロークエンジンは遅角気味に点火させた方がトルクが出ると思います。

ピストンが1往復する時間が長いわけですから・・・


これで中間加速は良くなりました。55キロくらいからのトルクが太ってます。今までは、アクセルを持ち替えないでいっぱいに捻って60キロだったのが70キロ出るようになりました。



次に、マフラーのエンドパイプの大径化。

f:id:j-watson:20220411075433j:plain

純正マフラーのエンドパイプは小指も入らないほど細くふん詰まりもはなはだしいので、22ミリのパイプを入れ、その中に20ミリのパイプを差し込んでました。勿論それだけではなく中身も切った張ったして改造してあります。

ゆくゆくのボアアップ時に、差し込んである20ミリのパイプを外そうと思ってましたが、同じ90カブでマフラーだけ交換してあるヤツに乗せてもらったらエンジンもキャブもノーマルなのにめっちゃよく走る(特にトルクが太い)ので、もう外しちまえっ! て事で外しました。

f:id:j-watson:20220411080632j:plain

レスポンスが良くなりトルクが太って中間加速が更に良くなりました。

併せてメインジェットを92番から95番に交換。最高速が5キロくらいアップ。メーター振り切ってもうちょい行ってます。メーター読みだと95キロくらいですか・・・

しかし、人間は良い方の変化には直ぐに慣れてしまいます。飽くなき欲望が次から次へと・・・

速くボアアップしたいっ、金が無いっ・・・


f:id:j-watson:20220412081624j:plain


ではまた。