ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

”ナイフの話”  ~バークリバー オーロラ~

さて、

バークリバーのブッシュクラフト系ナイフの本家がコイツです。

”バークリバー オーロラ”

f:id:j-watson:20210430193620j:plain

f:id:j-watson:20210430193651j:plain

鋼材     CPM3V

刃渡り    約12cm

刃厚     約4mm

ハンドル   ナチュラルキャンバスマイカルタ

 

 

バークリバーには、”ブッシュクラフター” というそのまんまのナイフがありますが、私はあまり好きではありません。

どうもあまり使い勝手が良くないんで・・・

本国アメリカでも、このオーロラの方が人気があるようです。

 

このナイフは鋼材がCPM3Vという粉末冶金鋼でかなり硬く出来てます。

それゆえ初めて使った時はバトニングでいきなりチップしました。

それ以降は少し太めのコンベックスにしてます。欲を出して鋭くするとすぐ欠けるんですよね・・・

これまた本国でも同じでクレームが多かったようで、今は硬さを少し下げているそうです。

f:id:j-watson:20210430194615j:plain

お山で使うには、やはりこのスピアポイント(槍のような切っ先)が使い良いです。

ただ、優等生なんで中々出番が無いという有り様です・・・

 

 

 

f:id:j-watson:20210430195024j:plain

フェザリングは及第点です。本当はもう少し鋭くしたいんですが、先の通りチップするのでこれが限界です。

ま、十分と言えば十分ですがねぇ。

 

 

ではまた。