ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

”刃物の話”  ~グローマン№3 ボートナイフ~

さて、

”グローマン№3 ボートナイフ” です。

f:id:j-watson:20210329095229j:plain

鋼材    4110ステンレス

刃渡り   約10cm

刃厚    約3mm

ハンドル  ローズウッド

グラインド セイバー

カナダ製

 

 

f:id:j-watson:20210329095740j:plain

グローマンと言えばどっちかというと台所包丁が有名ですが、サバイバルナイフや公用ナイフも作っている老舗です。

うろ覚えで恐縮ですが、このナイフも確かボーダーパトロールが使ってたとか・・・

 

巷で言う、木の葉型のブレードの ”カナディアンナイフ” の原型になった、

グローマンの№1をシャープにした感じのナイフです。

 

 

 

f:id:j-watson:20210329095826j:plain

見た目、握りにくそうなハンドルですが、セイバーグリップ(親指を峰に当てて握る)するにはもってこいの形で、メチャクチャ握りやすい。

 

 

鋼材の4110ステンレスは少し硬めですがコンベックスに砥ぎ直したら欠けなくなりました。

 

バトニングがやり易い。

よくあるドロップポイントのナイフは叩くとどんどん刃先が下向いて行きますが、このナイフはポイントが上を向いている為に叩いても下に向きにくい。

ハンドルの首の部分が細いのでナイフを回しやすく小手先の技が使い易いので

お山で使うにはちょうどいいナイフです。

 

 

f:id:j-watson:20210329102837j:plain

 

ではまた。