ワトスン

w650 CL カブ ナイフ 葉巻 コーヒー 焚き火

斧を砥ごう!  ~ハスクバーナはバイクだけじゃありません~

さて、

私は、”お外でコーヒーお紅茶&シガー” なることをやってます。

カッコ良く言えば ”ブッシュクラフト” ですが、まぁ、デイキャンですね・・・

コーヒーや紅茶を飲みたいがために焚き火をするんじゃなく、焚き火がしたいがためにコーヒー、紅茶を飲むと。

f:id:j-watson:20201113155628j:plain

 

お山の中ではいろんなナイフや斧を使いますが、ガンガン使ってると欠けたり鈍ったりしますので砥がなければなりません。

前にお山で使ったハスクバーナの斧が欠けてそのままでしたので砥ぎます。

ちなみに。

ハスクバーナ” と言えば大多数の人はバイクを思い浮かべると思いますが、ハスクはスウェーデンの山林整備用具の会社でその中でもエンジンチェーンソーが有名です。

 

 

f:id:j-watson:20201113160342j:plain

 

f:id:j-watson:20201113160242j:plain

この欠けをまずは150番のダイヤモンド砥石で無くします。

これまた因みに。

このハスクのなんかかわいいマークですが、これはマスケット銃の銃身を先からみた図柄です。もともとはマスケット銃のメーカーでしたので。

キッチリした図柄にすると銃を向けられているようで恐いのでデフォルメしたんでしょうね。

 

 

f:id:j-watson:20201113160735j:plain

欠けは無くなりました。

欠け対策でコンベックスを少しきつめにしました。

斧なのでこれでも十分ですが、そこはそれ趣味なのでもうちょい綺麗にします。

 

 

f:id:j-watson:20201113160941j:plain

ダイヤモンドの800番。

 

 

f:id:j-watson:20201113161029j:plain

耐水ペーパーの1000番。

 

 

f:id:j-watson:20201113161128j:plain

2000番。

f:id:j-watson:20201113161237j:plain

ナイフを砥ぐ時のような丁寧さがないので砥ぎ傷が残ってますが少し鏡面になってます。

 

f:id:j-watson:20201113161423j:plain

革砥で仕上げ。

指とアイフォンが写り込んでいるのが分かります。

 

後は 私のyoutubeチャンネルでどうぞ。

youtu.be

 

ではまた。